治療費について

医者

大阪に限らず、現在皮膚科やアレルギー科等ではアトピーの治療においてステロイド剤や保湿剤の処方が主流となっています(痒みがひどい時は抗ヒスタミン剤の処方もあり)。そのため、初診では2000〜3000円前後、再診は1000円台くらいで医療機関にてアトピーの治療を受けることが出来ます(3割の場合)。 しかし、現在大阪には血液検査からアトピー治療に取り組んだり、民間療法を取り入れている医療機関が増えてきつつあります。また、カウンセリングやその他レーザー治療といった療法を取り入れている医療機関も大阪では見られます。以上のような現在主流の治療法にとらわれない医療機関に受診した場合、値段が10000円以上になることも珍しくはありません。

大阪に限らず、現在も尚アトピーの治療の主流となっているステロイド剤投与は50〜60年前に導入されたとしています。しかし、ステロイド剤は病状を治す薬というよりは、症状を抑える薬のため、完治に至らないケースが多くあり、今も尚その傾向にあります。 そこで最近大阪においても増えてきたことは、美容皮膚科がアトピー治療に乗り出してきたこと、民間療法を取り入れる医療機関が出てきたこと、レーザー療法やカウンセリング療法、食事療法といった別の療法を導入されてきたことが挙げられます。つまり、症状だけにとらわれない多面的な要因から治療を行うこととして、以上のような治療方法が導入されているものと推測することができ、そういった治療を行う医療機関は大阪といった都市部を中心に増えたり、発達してきています。