手術でも治せる

カウンセリング

痔とは肛門や肛門の周辺の病気です。 代表的なものには、いぼ痔、切れ痔、あな痔があります。 いぼ痔は内側と外側の二種類に分かれます。 内側は内部に血豆のようなうっ血がふくらんだものができ、便秘や排便時のいきみが強い人に多くみられます。 外側は、下痢やアルコールの摂取、辛い物の摂取のし過ぎなどの方に多くみられます。 次に切れ痔は肛門の皮膚が切れた状態です。 便秘時や硬い便を無理やり出そうとすると切れてしまうことが多くなります。 一度切れると慢性化しやすく、何度も切れることで化膿することもあります。 最後にあな痔は歯状線にあるくぼみに菌が入り炎症を起こして、化膿し膿が溜まります。この膿が溜まって皮膚を破り流れ出て来るまでの管ができる状態のことです。 下痢やストレスなどによる免疫の低下などでなりやすいものです。

いざなってしまった場合、いぼ痔ならば肛門のうっ血を防ぐ、また清潔に保つために入浴が最適です。 温めることで痛みが和らぐこともあります。 切れ痔は食生活の原因が多くみられるので、アルコールや辛いものなどの刺激物を控えましょう。また、便秘もよくないので快便になるよう薬などを飲むのもよいでしょう。 市販の薬を塗っての応急処置ができますが、長引く場合は病院に行きましょう。 あな痔は腫れて痛むことがあります。その場合は患部を冷やす事で和らぎます。 病院で切開し、膿を出すことが早く治る方法でしょう。 ですが、また免疫の低下で慢性化しやすいので、ストレスなどには注意しましょう。 どの場合にも言えることですが、悪化したり、痛みがひどい場合は必ず病院で診てもらいましょう。